トウモロコシが出回り始めました。:とうもろこしの栽培

トウモロコシが出回り始めました。

今年もトウモロコシが、いよいよ出回り始めました。トウモロコシ産地での収穫は、まだまだ先ですが、苗を早く植えたトウモロコシは7月に入ると、すでに店頭に並んでいます。今日、お買い物に行ったとき、たまたまトウモロコシが販売され始めたのを見つけました。我が家の畑のトウモロコシは収穫にはまだまだ先です。そこで、今年の初もののトウモロコシの味を味わいたくて買ってきました。販売されていたトウモロコシは県外産でした。家に帰り、早速トウモロコシの葉を取り除いて、お鍋に水と塩を少々入れてゆでました。ゆで上がったとうもろこしを網にかけ、中火から弱火で焦げ目をつけて最後にお醤油をかけたら出来上りです。トウモロコシは独特の香りがあります。皮をむいているとき、ゆで上がったとうもろこし、焦げ目をつけているときの、あの独特の「焼きもろこし」の香ばしさは夏の風物詩でもあります。今年の初もののトウモロコシということで、今日のトウモロコシの写真を何枚か撮影しました。ごもろこしを買う場合、気をつけてほしいのは「皮をむいてない状態で購入すること」です。その理由はとうもろこしの皮をむくと、鮮度が落ちてしまい、美味しくなくなってしまうのです。なので、トウモロコシの皮をむいたら、すぐに調理する必要があります。私が今日買ったトウモロコシは、皮のついているトウモロコシでした。調理しているとき、特に焦げ目をつけているとき、キッチンに広まったあの香ばしさは本当においしそうな香りでした。家庭で作るときの焼きもろこしのコツは、焦げ目は軽くしておくことです。屋台などで売られている焼きもろこしは、焦げ目が強くついています。これは、ある程度大きな焼き道具を使うためだからです。焦げ目は健康にあまり良くありません。あくまでも見た目とトウモロコシが焼けた香りを楽しむためのものと考えたほうがよいでしょう。ガブリとかじる食感に焼きトウモロコシの醍醐味があります。 moro719.gif mo719.gif yude719.gif shou.gif

とうもろこし

Sponsored Link

Sponsored Link

プロフィール

キーワード

こんにちはfutuです。

人気のとうもろこしやポップコーンの作り方について、栽培方法や調理方法、保存方法などについて特集いたしました。どうぞご活用くださいませ♪

とうもろこしの栽培方法やカラスなどの有害鳥獣から守る方法について特集いたしました。

害虫対策、蒸し方、食べ方、保存方法、茹で時間、収穫時期、レシピなどをご紹介いたします♪

ごゆっくりご覧くださいませ。

キーワード

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。