トウモロコシの茹で方:とうもろこしの栽培

トウモロコシの茹で方

トウモロコシの茹で方のポイントは、ズバリ!「トウモロコシを鍋に入れるタイミングです」冷たい水の状態から調理すると、ふっくらとジューシーに仕上がり、お湯を沸騰させてから調理すると、シャキッとした食感に仕上がります。☆トウモロコシの皮は鍋に入れる直前にむきます。これは甘みを逃さないためです。皮のむかれた状態のトウモロコシは買わないよう、また、皮をむいたまま放置しないよう注意してください。鮮度も落ちるし、味も落ちます。☆できるだけ浅い鍋に、水とトウモロコシを入れて火にかけます。水の量はトウモロコシに水がかぶる程度です。茹でるポイントは「沸騰してから3分ほど茹でること」です。茹ですぎると硬くなり、甘みを逃してしまいます。そのためにこの点が最も重要なポイントになります。特に「ホワイト」などの粒皮のうすい品種は茹ですぎないよう注意しましょう。さて、茹であがったトウモロコシの食べ方ですが、塩水につける方法をご紹介いたします。普通は茹であがったトウモロコシに塩をまぶしますが、塩水につけることで、粒全体に味がいきわたるうえ、早く冷めるのですぐ食べることもでき、また時間がたっても実がシワになりません。@トウモロコシを茹でている間に、塩水を用意します。塩の量は、水1リットルに大さじ2(30g)が目安です。(水の量、塩の量は茹でるトウモロコシの本数で加減してください)この塩の分量でも、なめてみると、かなりしょっぱいです!A次に茹であがったトウモロコシを塩水につけます。つけるといっても、トウモロコシの表面が冷える程度にサッとくぐらせる程度です。このときは茹であがりの熱いトウモロコシによる火傷に十分注意してください。C水気をきったら、出来上がりです♪。茹でたトウモロコシをすぐに食べない場合は、ラップにくるんで冷蔵庫で保存するとよいでしょう。それでもなるべく早めに食べてください。

レシピ

Sponsored Link

Sponsored Link

プロフィール

キーワード

こんにちはfutuです。

人気のとうもろこしやポップコーンの作り方について、栽培方法や調理方法、保存方法などについて特集いたしました。どうぞご活用くださいませ♪

とうもろこしの栽培方法やカラスなどの有害鳥獣から守る方法について特集いたしました。

害虫対策、蒸し方、食べ方、保存方法、茹で時間、収穫時期、レシピなどをご紹介いたします♪

ごゆっくりご覧くださいませ。

キーワード

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。